江戸川放水路の水質はどうなっているのか?

川の水質を測る指標BOD値

だとすると、気になるのは江戸川放水路の水質です。僕の友人は江戸川放水路の水質に対してかなり懐疑的で、絶対に一緒に江戸川放水路に釣りに行こうとはしません。

川の水質を測る指標としてBOD値と呼ばれるものが利用されています。

BODとは生物化学的酸素消費量のことで、水中の汚れ(有機物)は、微生物により分解されますが、その時に消費する酸素の量を生物化学的酸素消費量(BOD)と言い、BOD の値が大きければ水が汚れていることを表します。つまり、この数字が少ないほど水は綺麗ということになります。

数値では、3が一つの目安となっています。3以下であれば綺麗な川ということになります。

江戸川のBOD値の調査場所と水質のイメージ

環境庁が実施している江戸川の水質検査ですが、以下が毎年の調査場所と大体の水質のイメージです。見て分かる通り、江戸川の水質は上流ではAランクとなっていますが、栗山浄水場取水口から江戸川水門まではBランクに落ち、江戸川水門から河口までは旧江戸川も江戸川放水路もCランクに落ちています。

江戸川放水路の調査場所は東西線の線路の下あたりなので、まさにハゼ釣りの中心的な場所です。

江戸川放水路のBOD値の推移

それで、東西線の線路の下で毎年調査されているBODの数値ですが、毎年の数値で見ると上下を繰り返しています。過去10年をグラフにすると、こんな感じです。3以下が合格ラインだとすると、合格ラインを超えたり下回ったりを繰り返しています。

BOD平均値 (mg/L)
2009 2.7
2010 2.7
2011 3.7
2012 4.9
2013 4.0
2014 4.0
2015 2.0
2016 2.5
2017 2.8
2018 4.4

江戸川放水路のBODと他の河川のBOD値の比較

以下が平成29年度に環境省が調査したBODの抜粋情報になります。

比較しやすいように、近隣の川である利根川、境川、多摩川、そして最も綺麗な川である高知県の四万十川、数値が最も悪かった佐賀県の福所江の数字も入れています。

都道府県 水域 類型 BOD平均値 (mg/L)
千葉 江戸川下流 C 4.4
茨城・千葉 利根川下流 A 1.1
東京 多摩川中・下流 B 1.6
東京 境川 C 2.4
高知 四万十川 AA 0.6
佐賀 福所江 E 9.1

こうしてみると、江戸川の水質は最も数値が悪い福所江よりは綺麗ですが、決して綺麗とは言えません。