江戸川放水路の潮干狩りで「マテ貝」が採れるポイントと捕り方、シーズン、調理方法まとめ

江戸川放水路の潮干狩りで採れるかいは色々ありますが、その代表は「マテ貝」です。江戸川放水路の潮干狩りで「マテ貝」が採れるポイントと捕り方、シーズン、調理方法などをまとめました。

江戸川放水路の潮干狩りで「マテ貝」が採れるポイント

江戸川放水路の潮干狩りで「マテ貝」が採れるポイントですが、江戸川放水路の河口になります。

場所は以下の通り、武蔵野線と湾岸道路の下の部分になります。

この江戸川放水路の河口の左側がポイントになりますが、なぜここがポイントになるのかと言うと、江戸川放水路は右側にゆったりと膨れているため、河口の左側に泥や砂が溜まりやすくなっているからです。

航空写真で見るとよく分かるはずです。

江戸川放水路の潮干狩りポイントまでのアクセスは不便

車で行く場合は、周辺に駐車場などがありません。

そのため、現実的なのは、江戸川妙典スーパー堤防自由広場の駐車場から徒歩か折り畳み自転車で移動することになります。

ただ、距離にして、2-3キロほどあるので、折り畳み自転車が欲しいところです。

妙典スーパー堤防自由広場駐車場について

妙典スーパー堤防自由広場駐車場は、市川市が運営する駐車場です。以下が利用できる時間帯と料金です。

名前 妙典スーパー堤防自由広場駐車場
住所 〒272-0111 千葉県市川市妙典2丁目13
台数 136台
利用時間 4月〜11月 5:00〜18:00
12月〜3月 8:00〜17:00
駐車料金 1日1000円
24時間最大

立地はかなりよく、江戸川の土手沿いにあり、トイレや自動販売機などもあります。

江戸川放水路の河口に潮干狩りに行くべき時間帯は干潮時

潮干狩りに適した時間帯はもちろん、干潮の時です。干潮のタイミングは1日に2度あり、日によって干潮のタイミングが代わります。その時間帯に行くと、見ての通り、見事に砂浜(泥浜?)が姿を表しています。

 

マテ貝のシーズン春から夏にかけて

マテ貝の旬の季節は春から夏にかけてと言われています。シーズン中に行くと、多くの潮干狩り客(?)で賑わいます。

具体的には5月後半から7月くらいでしょうか。夏もできると思いますが、炎天下で砂を掘り続けるのは厳しいのではないかと思います。

マテ貝の捕り方

マテガイは塩分濃度に敏感な貝です。マテ貝を獲るには、このマテ貝の特徴を利用して獲ることになります。

以下が、捕り方です。

  1. マテガイのいそうな砂地の表土をスコップで掬い取る
  2. マテガイがいる場合は、巣穴が見見つかる。マテ貝の巣穴は菱形をしていることが多い
  3. 穴があったら、塩を振り込んでしばらく待つ
  4. マテ貝がいる場合は、しばらくすると数cmほど飛び出してくるので、ゆっくりと抜き出す

マテ貝の潮干狩りで必要なグッズ

長靴

江戸川放水路の河口は、牡蠣の殻などがあり、非常に危険です。間違ってもサンダルで行かないようにしましょう。

スコップ

スコップはある程度の大きさの方が方が良く、さらに角形の方がより広いエリアで表面を掬い取ることができます。

塩入れ

塩入を入れてる容器です。穴に無駄なく塩を投入できるように、先の細いものが良いです。

マテ貝採りに来た人たちのツイート

以下、この時期にマテ貝採りに来た人たちのツイートです。

マテ貝の調理方法は?

マテ貝の味ですが、アサリ等に似て美味しいです。砂を吐かせるのはそれほど難しくありません。

定番の食べ方はバター焼き

定番の食べ方はバター焼きになります。

  1. マテ貝は一晩塩水に浸けて砂抜きをしておく。砂抜きには海水が一番良いのですが、海水が持ち帰れない時は、カルキを抜いた水で3%の塩水(水1リットルに対して30グラム)を作って浸しておきます。
  2. 砂抜きが終わったら、フライパンにバターを入れ火にかけ溶けたらマテ貝を入れて炒めます。
  3. 箸で転がしながら炒めていくと貝が開くので開いたら塩コショウを振って完成です