江戸川放水路の潮干狩りですが、一体どこの駐車場を使ったら良いのでしょうか?潮干狩りのポイントと駐車場の場所をまとめてみました。





江戸川放水路の潮干狩りポイントに近い駐車場はない

まず、結論から言うと、江戸川放水路の潮干狩りポイントに近い駐車場はありません。

以下が、潮干狩りのポイントと周辺の有料パーキングの場所になります。

潮干狩りのポイント

潮干狩りのポイントは、首都高速道路を潜った河口あたりで、この場所に干潮の時に足を運ぶと潮干狩りをすることができます。以下の航空写真で見て分かる通り、河口の西側に泥が堆積して、アサリやマテ貝などにとって繁殖しやすいエリアになっています。

結論・「妙典スーパー堤防自由広場駐車場」から徒歩か自転車で河口まで移動するのがおすすめ

結論から言うと、「妙典スーパー堤防自由広場駐車場」から徒歩か自転車で河口まで移動するのが最も良い方法になります。距離はざっくり2-3キロくらいです。もう少し河口に近いところにエイブルパーキングなどの有料駐車場があるのですが、土手に入る進入路の関係で、オススメできません。

妙典スーパー堤防自由広場駐車場について

妙典スーパー堤防自由広場駐車場は、市川市が運営する駐車場です。以下が利用できる時間帯と料金です。

名前 妙典スーパー堤防自由広場駐車場
住所 〒272-0111 千葉県市川市妙典2丁目13
台数 136台
利用時間 4月〜11月 5:00〜18:00
12月〜3月 8:00〜17:00
駐車料金 1日1000円
24時間最大

立地はかなりよく、江戸川の土手沿いにあり、トイレや自動販売機などもあります。

営業時間中に行くと、入り口におじさんが立っているので、お金を払って駐車することができます。

重要なこととして、トイレは基本的にここか、近くの妙典公園の公衆トイレしかありません。一度河口に行ってからトイレに行きたいと思ったら、女性の場合は間違いなくこのトイレまで戻る必要があります。

男性の場合は、以下のような携帯トイレを持っていくと良いでしょう。

そのため、この駐車場から河口までの2キロ強の距離の移動を簡単にするため、以下のようなカゴ付きの折り畳み自転車があるととても便利です。

エイブルパーキングは土手に進入する入口がないのが難

エイブルパーキングはもう少し河口のそばにあります。

エイブルパーキング妙典5丁目

名前 エイブルパーキング妙典5丁目
住所 〒272-0111 千葉県市川市妙典5丁目9
台数 5台
利用時間 24時間
駐車料金 8時から20時:40分200円
20時から8時:60分100円
24時間最大 600円

エイブルパーキングから河口までのルート

江戸川放水路に行こうとすると、土手に上がる入口がないため、妙典スーパー堤防自由広場の近くまで戻るか、以下のように大きく迂回して河口に行く必要があります。

ここを使う必要があるとすれば、妙典スーパー堤防自由広場駐車場が閉まっている時間帯に潮干狩りをしたい場合になります。

河口そばの道路で路駐はできるのか?

河口そばの道路で路駐はできるのでしょうか? 航空写真を見ると、路駐をしている車が一台見えます。

この場所ですが、丁度以下のように道路がくぼんでいて、車が停めやすいスペースがあります。しかし、恐らくは駐禁の対象になると思うので、オススメできません。

まとめ

以上のように、江戸川放水路の潮干狩りは、なかなか良い駐車場がないのが現状です。やはり安全なのは、妙典スーパー堤防自由広場駐車場を利用し、そこから徒歩か折り畳み自転車で移動する方法です。

以下の折り畳み自転車はアマゾンで最安値です。このくらいの値段で購入できるなら、一台あっても重宝するのではないでしょうか。普通車の駐禁の罰金は10000円から18000円です。一度の駐禁よりは、ずっと使える折り畳み自転車の方が良いのではないでしょうか。

絶対に役立つ潮干狩りグッズ

かしこいバケツ

潮干狩り中の休憩イスとしても使用もでき(耐荷重100kg)、中かごがあるので貝の出し入れも簡単にできる潮干狩りの新定番グッズです。

created by Rinker
イノマタ化学(Inomata-k)
¥1,600 (2024/03/03 14:14:18時点 Amazon調べ-詳細)

17リットルが大きすぎる場合は10リットル版もあります。

忍者熊手

潮干狩りの定番です。網がついているため、普通の熊手よりも圧倒的に便利です。

マテ貝ホイホイ

マテ貝取りに活躍するマテ貝ホイホイです。

created by Rinker
NAKAZIMA(ナカジマ)
¥2,750 (2024/03/03 14:14:20時点 Amazon調べ-詳細)

マリンシューズ

牡蠣などの殻から足を守るためにマリンシューズは必須です。

そり

そりは砂浜で荷物を運ぶのに活躍するツールです。江戸川放水路では、広い砂泥が広がる西側の加工エリアで活躍します。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,468 (2024/03/03 14:53:38時点 Amazon調べ-詳細)

ネットで検索してみると、多くの人がそりを潮干狩りの移動ツールとして利用していることが分かります。

夜中に潮干狩りする際の注意点と必要グッズ

真冬の夜中ということで、防寒対策とヘッドライトが絶対に必要です。

シューズはできるなら、内側がフリースになっている防寒用長靴が良いでしょう。

手袋も絶対に必要です。こちらも防寒・防水対策のものが良いでしょう。

created by Rinker
ショーワグローブ(Showaglove)
¥1,800 (2024/03/03 14:53:39時点 Amazon調べ-詳細)

あとはホッカイロです。僕らはホッカイロは靴下用、洋服用、ポケット用と3種類用意しました。マグマはポケットに入れて、手が冷えた時に使いました。

created by Rinker
ホッカイロ
¥600 (2024/03/03 14:14:22時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥616 (2024/03/03 14:14:22時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
桐灰
¥2,380 (2024/03/03 14:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

ヘッドライトは何でもいいと思いますが、なるべく明るく、長持ちするものが良いでしょう。

江戸川放水路でホンビノス貝が獲れるポイント

江戸川放水路でホンビノス貝が獲れるポイントを知りたい方は、以下のnoteで紹介しています。諸事情あり、閲覧者を制限するため有料で紹介しています。ご興味があれば購入ください。

江戸川放水路でホンビノス貝が獲れた場所をこっそり紹介