夏の暑い日中に、近くまで立ち寄ったのでハゼやテナガエビが釣れるという葛西の新左近川親水公園に釣りの下見に行ってきました。

新左近川親水公園までの経路と駐車場

新左近川親水公園までの経路と住所

新左近川親水公園は、東京の荒川の河口近くにある親水公園です。

この新左近川ですが、どこから水が流れているのかというと、川を辿っていくと、旧江戸川から流れ込んでいるようです。

電車で行く場合は地下鉄東西線の西葛西駅から徒歩15分

電車で行く場合は地下鉄東西線の西葛西駅から徒歩15分くらい。

車で新左近川親水公園に行く場合の駐車場

車で行く場合は、以下の住所を設定すると新左近橋下駐車場にたどり着けます。

住所:〒134-0086 東京都江戸川区臨海町1丁目3−3

しかし、この駐車場、行ってみると分かりますがどこにも標識がなく、かなり分かりにくいです。以下が入り口ですが、他の人が何度も素通りしてしまうのがよく分かります。

曲がって下っていくと、新左近橋下駐車場が見えてきます。

新左近川橋下駐車場の利用料金ですが、最初の1時間200円、以降1時間ごとに100円、12時間最大1000円となっていて、東京都内にしては良心的な価格設定と言えます。

しかし、この駐車場、日陰にあるというのが素晴らしすぎます。ハゼ釣りのシーズンはやはり夏が中心なので、車が酷暑に晒されないメリットはかなりあります。

新左近川親水公園の釣り場の解説

新左近川親水公園はカヌー場の理解が必要不可欠

新左近川親水公園の釣り場ですが、行ってみて分かりましたが、ここの釣り場を理解する上では、併設されているカヌー場がどうなっているのかを理解することが非常に大切です。

以下、管理センターで入手したカヌー場の案内に追記した画像ですが、見ての通り、新左近川親水公園の水場はほとんどがカヌー場になっていて、まずはこのカヌー場の間の小さいスペースで釣りができます。

釣り場その1:カヌー場に挟まれた小さいスペース

まずはカヌー場に挟まれた小さいスペースです。この日は夏の土曜日の日中でしたが、それでも5、6人の大人や子供が釣り竿を垂れて釣りを楽しんでいました。

近くにいた子供に釣れているか聞いてみると、ぼちぼちとのこと。

僕はスクラローム場の方まで歩いてみましたが、途中以下のような結構な段差になっていて、荒川との水の行き来がないことが分かります。つまり、潮の満ち引きとかは関係ないことになります。また、この段差では魚の往来も絶望的です。

逆に言うと、上記の釣り場は上記の釣り場だけで成立しているため、魚やエビを取り尽くすと居なくなってしまうのではないかと思います。

唯一の救いは釣りができるスペースが小さいことで、カヌー場で増えたハゼやエビが移動して釣り場に来て釣られる、と言う流れでバランスが取れているのかもしれません。

釣り場その2:つばさ橋から西側の新左近川の川べり

もう1箇所は、カヌー場を抜けた左側。画像だと小さいスペースになっていますが、実際にはここから荒川に抜ける新左近川の部分です。

以下は、上記の地図でいう右端の公衆便所の前らへんから撮った写真です。ちょうど干潮の時間帯だったようで、かなり川底が見えてます。ハゼが居そうな匂いがします。

奥に見える水門が荒川との接点になります。ここの水は汽水域のはずです。シラサギが何羽もいて、餌を物色していました。

ネットをみると、このエリアはシーバスも狙えるようです。