9月にマルヤ遊船のボート釣り。3時間で60匹!今回ハゼが釣れたポイントと、釣るためのコツ

8月に一緒にハゼ釣りに行った友人から、またハゼ釣りに行かないかとの打診。仕事を午前休して行ってきました。

マルヤ遊船さんは6時から開くので、5時45分に集合。5時50分過ぎにマルヤ遊船の女将さん(?)が来てくれて、すぐに入れてくれました。

まずはマルヤ遊船の受付で情報収集

何事も、成功の秘訣は詳しい人に情報を貰うこと。受付時にマルヤ遊船の女将さんに最近の釣果とポイントを聞いてみました。

僕

どうですか? 最近釣れてますか?

マルヤ

そうね、9月に入って水温が低くなってるから、桟橋釣りの人たちはちょっと苦戦してるわね。でも、ボート釣りの人たちは、ポイントを広く探れるから、釣果は悪くないわよ。一昨日もハゼ釣り名人が来て、900匹くらい釣り上げて行ったわよ

僕

きゅ、900匹!?

確かにホワイトボードのカレンダーを見ると、中村さん916匹と書かれている。一体どうやったら900匹も釣れるのだろう。いや、その前に900匹も釣ってどうするんだろうか。

このハゼ釣り名人中村さんは、見ると毎月マルヤ遊船に現れて、700-1000匹を釣り上げているようだ。いつかお会いしてみたいものだ。

僕

ボート釣りはどこが釣れてますか?

マルヤ

最近釣れてるのが、転覆ボートの周辺よ。転覆ボートの周りに牡蠣が張り付いてて、そこがハゼの隠れ家になってるみたい。

僕

ありがとうございます! 行ってみます!

述べ竿は今回もマルヤ遊船さんでレンタル。延べ竿の選び方

竿ですが、一応リールの竿も持ってきましたが、延べ竿を持っていないので、今回もマルヤ遊船さんで借りることにしました。

マルヤ遊船で貸してもらえる延べ竿ですが、今回改めて気づいたことがあります。

  • マルヤ遊船で貸してもらえる延べ竿の長さですが、全て2.5メートル前後の長さです。これは長過ぎず、短過ぎず、ボート釣りをする上ではちょうど良い長さ。
  • どの竿にもすでに仕掛けがついてます。しかし、ある竿は重りに適当に仕掛けがついているだけですが、一部の仕掛けは以下のようなちゃんとした「ハゼ片天秤」が付けられています。竿は自分で選べるので、先の仕掛けをよく見て、「ハゼ片天秤」が付けられているものを使いましょう。「ハゼ片天秤」の方が、根がかって針がなくなった時の交換が楽です。今回は2回交換することになりました。

  • また、「ハゼ片天秤」の延べ竿でも、針もよく確認しておきましょう。レンタルの延べ竿は色々な人が使いまわしてるため、針が弱っていることがあります。今回僕が借りた延べ竿も、バラシが多いな、と思って途中でよく見たら、魚返しの部分が削れて、あたかもカツオの一本釣り仕掛けのようになっていました。苦笑

もちろん、すぐに針を交換して、その後はバラシがほぼなくなりました。なお、針のサイズは3号です。

ボートに乗り込み、転覆ボート周辺でハゼ釣りに挑戦

という訳で、友人とボートに乗り込み、早速マルヤ遊船の女将さんが勧めてくれた転覆ボートそばまで移動することに。

マルヤ遊船の転覆ボートとは

マルヤ遊船の転覆ボートとは、マルヤ遊船と隣のやぶさか遊船の間にある、まさに転覆したボートです。

実は、このポイントは、8月にきた時にマルヤ遊船の親父に、干潮になるとボートが乗り上げて身動きが取れなくなるから近づくな、と言われていたところです。

しかし、今回は前回と違い満潮になる時間帯。問題なく釣りをすることができました。

マルヤ遊船の転覆ボート周辺の釣果は、友人はぼちぼち、僕はさっぱり

早速錨を下ろして挑戦してみましたが、時々あたりはあるものの、全然釣れません。

最初の1時間で僕が釣り上げたのは3匹のみ。マハゼが2匹で、1匹デブっちいハゼが釣れました。チチブのようです。

友人はぼちぼちで、6、7匹くらい。

もっと岸に近いところに移動して再度挑戦したところ大正解!

岸の側の浅瀬に移動

「もっと岸に近くて浅いところの方が釣れるんじゃないか」という友人の言葉で、転覆ボートよりもさらに岸に近い、水深0.5mくらいのところで再度竿を出してみることにしました。

ここは本当に浅くて、底が見えるくらいの水深。干潮時には干上がってしまうような場所です。

しかし、この場所が大正解!! 入れ食いが始まります。

小型から良型まで、コンスタントに数を伸ばすことができました。

ボートから延べ竿でハゼを釣るコツ

未だ試行錯誤ですが、ボートから延べ竿でハゼを釣るコツは以下の通りです。

  1. 餌のタラシは短くし、餌を飲み込んだらすぐに針がかかるようにする
  2. 根掛かりを極力避けるために、錘が底に着水したら糸を張っておく
  3. 錘が底に着水して数分経っても当たりがなければ、一度竿を引き上げ、少し違う場所を狙う
  4. 当たりが来ても、すぐに合わせず、針がかりしたら引き上げる
  5. ボート周辺360度で当たりがなくなったら、ボートの位置を移動して1のステップに戻る

とにかくハゼは動き回る魚ではないので、いれば釣れるし、いなければ釣れないという感じです。その意味で、広くポイントを探れるボートは、桟橋釣りよりもずっと有利だと思います。もちろん、桟橋からちょい投げすれば広い範囲を探れますが、その場合は根掛かりのリスクをある程度背負うことになります。

釣れない初心者のお爺ちゃんたちと遭遇

途中、今回初めてボートに乗るという、おじいちゃんたち二人がやってきて、声をかけられました。全然釣れないとのこと。

おじいちゃん達は錨を下ろし忘れて、この数分後に僕らのボートとぶつかってしまいますが、その際に僕の竿とおじいちゃんの竿が絡まってしまいました。

おじいちゃんの針を外す時に気づいたのが、針のサイズが大きいということ。恐らく、6号くらいではないかと思います。8月、9月は3号か4号でないと、なかなか厳しいのではないかと思います。

また、お爺ちゃん達の使っている延べ竿がとにかく長い。3.5メートルくらいありました。あれだけ長いと、ボート釣りでは扱いにくく、エサ付や針の交換なども時間が取られそうです。

本日の釣果:3時間で60匹前後

という訳で、朝6時から9時までの3時間、僕が釣り上げたのは32匹、バラシもあり、お持ち帰りは29匹となりました。

友人も30匹弱。

まとめ

今回マルヤ遊船で2度目のボート釣りでしたが、ハゼ釣りの奥深さの片鱗を垣間見た気がしました。ハゼ釣りの釣果を左右するには色々な要素があります。

  • 季節
  • 時間帯
  • ポイント
  • 竿
  • 仕掛け
  • エサ

釣果を伸ばすコツは、その時々に応じて、柔軟に対応することだと痛感しました。ハゼ釣り名人は、上記の要素の最適解を見つけた人なのだと思います。

なお、今回の釣り記は以下の動画でも簡単に紹介しています。