ハゼを釣った後に悩むのが、小さなハゼをどうするかです。小さなハゼは、頭を落とすとほとんど食べるところがなくなって、本当に小さな身しか残りません。

今回釣ったハゼは大小様々で、大きいのは15センチ以上ありますが、小さいのは10センチ以下です。

そこで閃きました。そうだ、頭ごと食べてみよう!

ハゼの頭を残して内臓だけ簡単に取る方法

使った道具は二つ

ハゼの頭を残して内臓だけ簡単に取る方法ですが、包丁は使わず、以下の二つのものだけを使います。爪楊枝と小型のキッチンばさみです

ハゼは事前に塩でもみ洗いして、ぬめりを取っておく

ハゼは事前に塩でもみ洗いして、ぬめりを取っておきます。

つまようじでハゼのお尻の穴を広げる

その後、つまようじでお尻の穴を広げます。これは、ハサミを腹に入れるスペースを作るためです。

ハサミでお腹を開く

次に、つまようじで広げた穴からハサミをいれて、お腹を開いていきます。

お腹を開いたら、内臓が出てきますので、これを水で流しながら綺麗に取っていきます。

オペ終了後のハゼ君たちがこちら。頭が残っているので、サイズが小さくなりません。

ハゼの丸揚げに挑戦

味塩胡椒で下味をつける

水分をよく拭き取ったら、塩胡椒で下味をつけます。

片栗粉をまぶして油で揚げれば完成

下味をつけたら、片栗粉をまぶして油で揚げます。

完成です!! 頭を食べてみましたが、全然食べられます。次回からはこの方法で唐揚げを作り続けたいと思います。

今回の記事は以下の動画でも簡単に紹介しています。