8月のマルヤ遊船貸ボートの早朝ボート釣り2時間半でハゼ70匹!

8月のお盆の週に江戸川放水路のマルヤ遊船貸ボートにボート釣りに行ってきました! 今回は釣りは僕と僕の息子二人、友人とその子供二人の6人で行ってみました。

マルヤ遊船貸ボートは江戸川放水路のボート屋の中でも、かなり人気が高いボート屋の一つです。今回ボート屋の親父さんに色々と教えてもらった情報も織り交ぜ、今回のハゼ釣りを解説したいと思います。

マルヤ遊船貸ボートとは

マルヤ遊船貸ボートは江戸川放水路のボート屋の中でも最も上流に位置する貸しボート屋です。

妙典駅からマルヤ遊船は以下のルートで行くことができます。

このマルヤ遊船は、ボートの休日の割増料金もなく、釣竿も無料で貸してもらえるため、非常に人気があります。この日も、あっという間に満車です。

 

マルヤ遊船 受付からボートの乗り込みまで

ボートは3人乗りを2艘借りることに

朝5時45分くらいにマルヤに到着したのですが、5時50分にはお店を開けてくれました。料金は前払いです。

僕

あの、ボート釣り初めてなんですけど、どのボートを借りたらいいですか?

マルヤ

何人ですか?

僕

6人です。6人乗りのボートとかどうですか?

3人乗りだと1艘4000円、7人乗りだと1艘7000円なのでちょっと安くなります。

マルヤ

正直、漕ぐのめっちゃ重いよ

なるほど、確かに。友人と相談し、3人乗りを2層借りることにしました。

餌はイソメが500円。竿のレンタルは無料だが、換えの針は購入が必要

マルヤ

餌と竿はどうします?

僕

餌と竿もお願いします。

マルヤ

餌はイソメが500円です。で、竿をレンタルする場合は、換えの針だけ必要になるんですが、持ってますか?

僕

いや、ありません。

マルヤ

竿には針が一つだけついてるんですが、根掛かりしてなくなったら、交換しないといけないんで、交換用の針を購入してもらってるんです

なるほど。マルヤの親父さんに言われて受付で購入したのがこの針。受付では150円だったので、事前にもう少し安く購入できるなら買っておくといいと思います。

料金を払うと、その先で竿を貸してもらえます。

延べ竿がズラリ。この先には錘と針がすでについているので、好きな竿を選びます。また、バケツとかもここで借りることができます。

ボート今回借りたボートはこれ。

換えの針の付け方だけ、レクチャーしてもらいました。

マルヤ

輪っかを作ってもらって、錘をその輪っかに通して、針をこう通す。分かります? で、余った糸は切ってください。

2回ほどやって見せてくれましたが、分かるような、分からないような・・。

マルヤ遊船 釣り開始!

マルヤの親父さんが教えてくれたボート釣りのポイント

出航前にポイントについてレクチャーを受ける。

マルヤ

とにかく、浅いところです。まずはちょっとそこら辺でやってみてください。ダメなら、向こう岸の岸に近いあの辺りがオススメです。

以下の赤いところが、マルヤの親父さんが教えてくれたボート釣りのポイントです。まずはマルヤのすぐ横。ここで釣れなければ、反対岸のポイントに移動せよ、とのこと。

以下がマルヤ遊船の横のポイントの拡大図です。最初に我々は「浅いところで」という助言に従い、かなり岸に近いところでやっていましたが、マルヤの親父さんが寄ってきて、近すぎる場所でやっていると、引き潮の時にボートがハマって動けなるとのこと。実際、僕らのボートはハマりかけてかなり焦りました。

ハゼ釣り開始!

ちょっと上に移動してハゼ釣り開始です!餌ですが、こんな感じです。マルヤの親父さんの助言では、1cmくらいでいいとのこと。以下の写真でもまだ長いかもしれません。

最初に連れたのはまさかのカニ!

しかし、その後はコンスタントにハゼが釣れていきます。

息子たちにもコンスタントにヒット! 数を積み重ねて行きます。

なお、バケツの水はたくさん入れないように、とのマルヤの親父さんからのアドバイスです。たくさん入れると、ハゼが跳ねてバケツの外に出てしまうそうです。

なお、この日はボート釣りを近くでしている他の船は4隻ほどあり、だいたい深いところに陣取っていましたが、あまり釣れている様には見受けられませんでした。そもそも、以下の写真の位置では延べ竿を使うと餌が水底までつかないので、ハゼが食べようがないはずです。

また、この日は桟橋釣りの釣りはとても盛況で、たくさんの人が桟橋釣りを楽しんでいました。ボート釣りは桟橋釣りの人よりもポイントを自由に探れるところにありますが、桟橋釣りの大人1000円、子供500円という価格は非常に魅力です。

結局、2時間半やって、我が家は45匹、友人家族も30匹以上を釣り上げて暑くなる前に退散することにしました。

岸に寄ると、すぐにマルヤの親父さんが寄ってきて、桟橋に上がるのを助けてくれます。

帰り際に受付のカレンダーを覗くと常連さんの釣果が書かれていました。中には800匹以上釣り上げた猛者も。でも、我が家も2時間半で45匹だったので、朝から夕方までずっとやれば、100-200匹くらいは行けるかもしれません。

まとめ

以下は、今回マルヤ遊船でハゼ釣りをして学んだポイントのまとめです。

  • 週末や祭日のマルヤは混むので、朝5時45分には到着しておくべき
  • 仕掛けの付け方は事前に練習しておくと良い
  • ポイントはとにかく浅いところ。50cm-1mくらい
  • イソメは1cmくらい